ヒューマンアカデミージュニア こどもプログラミング教室

※このサイトにはプロモーションが含まれます。

目次

プログラミングが「好きになる」

ヒューマンアカデミージュニア こどもプログラミング教室は、スモールステップで、パソコン初心者のお子さんでも着実にスキルアップできるようになっています。

いきなり難しいことを教えるのではなく、パソコンへのバリアを自然に消し、お子さん目線の段階を丁寧に踏んで、プログラムが書けるようにリード。
途中で嫌になってしまうことのないよう、プログラミングが「好きになる」ヒューマンアカデミーならではの工夫も。

自発的に身につけていけるカリキュラムは、多くの保護者から評価されているそう。

当該講座の特徴

  • マウス・キーボードの扱いから始まり、各回ゲームやゲーム内の機能を製作(ベーシックコース)。
  • 3ヶ月6回の授業で9つの基本要素を通して学び、1年で4セット分の反復学習を実施(ベーシックコース)。
  • 提供する情報を減らし、より生徒が考えて作成する内容(ミドルコース)
  • 「キーボード入力」や「ファイル操作」等、パソコンの機能を使う機会を増やす(ミドルコース)
  • 沢山の文字入力をしたり、ファイルの操作をする(アドバンスコース)
  • 「JavaScript」で本格的なゲーム作成(アドバンスコース)
どのような教材を使うの?

ベーシックコースとミドルコースは、ヒューマンアカデミー オリジナルのテキストと、Scratchを使います。アドバンスコースでは、プログラムエディタを使い、Java Scriptをプログラミングし、難しい内容にチャレンジします。

どのような内容?

ベーシックコースは、コンピューターの初歩から始まり、各回ゲームやゲーム内の機能を製作。1年で4セット分の反復学習することにより、身に付けます。
次のステップであるミドルコースは、提供する情報を減らし、より生徒が考えて作成する内容にフォーカスしています。「キーボード入力」や「ファイル操作」等、パソコンの機能を使う機会を増やします(1年)。
最後のステップであるアドバンスコースは、沢山の文字入力をしたり、ファイルの操作をすることによりより高度なパソコンの使い方を身につけるため「JavaScript」で本格的なゲーム作成をします(1年)。

体験授業はあるの?

あります。体験授業を受けても、入学は強制されません。納得した上で入会できるよう配慮されています。

受講期間は?

12か月です。

どんな人にお勧め?

推奨学年は、小学校3年生以上向きと言われています。「Scratchは卒業!」というアドバンスコースを受講するまでに2年掛かります。

メリット・デメリット

当該講座のメリット・デメリットは、何でしょうか。

メリットとしては、次の通りです。

・ヒューマンアカデミー(学習塾)で学習ができる。
・講師がそばにいるので、分からないことがあっても質問できる。
・ヒューマンアカデミーなので、受講できる教室が多い。

デメリットとしては、

・学習塾なので、人によっては受講時間のスケジュール調整が難しいかも。
・月謝が高価。

月謝が高価になるのは、リアル塾の宿命と言えましょう。親御さんが教えることができればよいのですが、それができない場合、分からない時に講師がそばにいるのは、子供たちにとっては安心材料になります。
安心料と言ってもいいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次